昭和の忘れもの。

1960年生まれの青ん坊語り。

トランプ政策のほんの一部を60過ぎの姉に説明してみた

私の姉(60越え)はとてもシンプルな考え方の人で。

 

姉「トランプさんはなんで他の国の人たちを(アメリカに)入れないの?ひどいことするね」と少し前のニュースを見ていて言ったので、ちょっとだけ説明した。


私「姉さんの職場にアジア系の外国人もいるでしょ?」
姉「うん。」
私「その人たちが『時給700円でいいから、がんばるから、働かせて』と言ってきたとするじゃん。そして、もし真面目にがんばる人が5人も入ってきたら姉さんの仕事無くなっちゃうかもしれないでしょ?今、トランプさんはそういう外国人労働者を減らそうとしてるんだよ。だから外国人労働者、ましてや難民とかをアメリカに入らせないようにして、アメリカはアメリカ人が働く場所にしたいって言ったのね。それを聞いた労働者たちが『そうだそうだ!』ってなって、まぁ、簡単に言うとそれで大統領になっちゃったのよ」


姉「でも、今までだってアメリカ人も外国人も働いてたんでしょ?」
私「そうなんだけど、仕事が無いって人の中には『外国人の安い賃金労働者がいるから自分たちに職がない』って思っている人たちもたくさんいるわけ。で、『まずはアメリカはアメリカ人でやってくから、他の国のみんなは自分の国でがんばってくれよ。うちに来るなよ。出てってくれよ。自分の国は自分たちでよくしろよ。』って言ってるのね。だから、もしどっかで作った商品をアメリカで売るなら、もちろん関税かけるよ。ショバ代払えみたいな感じでね。あとアメリカの企業はアメリカに工場作ってアメリカ人を雇って会社経営うまくまわしてくれよって言ったのね。実際トヨタとか大変なんだって」

 

姉「まぁ、そういう話もニュースでやってたけど。あんなに急に7カ国からの入国全部拒否ってひどすぎでしょ?」

私「トランプはやることが極端なんだよね。」

姉「今まではどうだったの?」

私「オバマさんは、アメリカも大変だけど、もっと大変な国、国民たちがいるのもわかる。だからみんなで解決策を考えていこう、みんなで努力しよう、みたいなことを言ってたのよ。そうすると、『その考えはかっこいいけど(理想的だけど)今アメリカで生活しているアメリカ人の俺たちの暮らしが苦しいのをなんとかしてくれよ』って思ってた人がずいぶんいたってことかな?」

 

 姉「うちの職場で働く外国人たちはすぐ文句言うし、「コレはこういう風にしてね」って言っても守らないし、やめちゃうし。。真面目じゃないし、続かないって印象だから私たちもいられるんだよね。。確かに。あれで真面目でイイ子だったらとっくに私失業してるかも。」

 

私「だからアメリカをよくしよう!って言葉は、他の国の人はみんないらねー!って意味なのよ。だけど、自分のとこだけよければいいってのは続かないと思うんだよね。もっと大変な国が助けを求めてきてるし、それ以前に国を棄ててアメリカにきてやっと生きている人たちもたくさんいるんでね」

姉「でも自分のところが貧しかったら、他への援助とか協力もできないから、トランプ指示するアメリカ人の気持ちもわからなくはないわ。好きじゃないけど」

私「そうなんだよね。で、一番怖いのは戦争なのよ。もしまた中東とかアジアのどこかでアメリカと戦争が起きたら、高い兵器がすっごく売れるのよ。車の売り上げ作るの大変だけど、戦車とかミサイルが10も20も売れたらすっごく儲かるのよ」

姉「どこが?」

私「アメリカとその傘下・・。」

 

つづく。(続けたくなくなってきたけどw)