昭和の忘れもの。

1960年生まれの青ん坊語り。

核の核。(72回目の8月9日に)


「山道を通る人に刃物をつきつけて金品を奪うのは簡単だよね。そいつが損して泣いても関係ない。」と言う人がいたら、何と答えるだろう。

 

「やめろ。そんなことしたら、警察につかまるよ」「思っているほど簡単じゃないよ。ていうか相手の身になってみろよ」と良識ある人なら言うだろう。

 

賊「そっか。刃物をつきつけて脅すとすぐに捕まっちゃうか。だったらお金持ってる老人だましてお金出させて、あとはさっさと逃げればいいんだな。俺のが足速いし」
と言う人がいたら、何と答えるだろう。


人「ばかだなあ。すぐ捕まるよ。だいいち、人からお金をだましとるなんてできないでしょ?」

賊「そっか。だますってのも大変だよな。でも、うまくやる方法教えてくれる人がいるらしいんだ。その、だましの専門の人のところに行って、言うとおりやれば100万くらいすぐもらえるってきいたんだ」
人「だから、、そういう考えやめろ。金稼ぐのになんで犯罪に走る?」


そんな若者。実はけっこうな数いるらしい。

f:id:aonbo:20170811091510j:plain

 

ほんとに楽しいこと、ほんとにうれしいことを知らない若者。知らないで育った若者。彼らには希望がない。光がない。愛がない。

 

誰かが悲しい思い、苦しい思いをしても、自分が儲かるならOK。

そんなひどい考えは、ずっと昔からあっただろうけどさ。

 

100歩譲って賭けマージャンならまだ話は別。参加者4人とも「損するかもしれないけど、他の3人からお金を勝ち取れるかもしれない」って気持ちでゲームに臨んでいるから。

 

でもマージャンじゃなくて、4人でケンカやって、一番買ったやつが負けたやつからお金持ってくって話を聞いたら「そんなことやっちゃいかん」って言うわなぁ。

 

f:id:aonbo:20170811091204j:plain

 

以下同じ。

 

会社が100億儲かるなら、まわりの会社が倒産しても消費者が病気になっても関係ない。それで社長には10億はいるし。

 

「いやいや、それは無理でしょ?」と言えば

「いやいや3円で作った物を300円で売る方法があるんですよ。まだ法的にもだいじょぶです」って輩が登場する。


「法的にはだいじょぶでも、実際どうなの?身体に悪いんじゃない?」

悪い大人「えぇ。私はこわくていやですね」

 

こんな会話も世の中にはあるのかな?

  

自分の国が100兆儲かるならまわりの国がどうなってもいい。その金で住みやすくなれば、国民は喜ぶし、私の財布には100億はいるし。

 

「それは法で・・??」

 

「戦争をしない」ってことは国民が決めた法にもとづいて決まってる。

今の日本では。しかし 明日はわからん。

 

いずれにせよ。誰かが悲しむこと苦しむことがわかっている事で利益をあげて、、それで奪った側は幸せになるんだろうか?

 

それが本人の望む幸せならあまりにも悲しい。

f:id:aonbo:20170811091330j:plain

 

最後に。

 

勘違いしちゃいけない。戦争は何十万人の人が死んで、そのまわりの人たちがつらく、悲しい思いをして、ほんの1部の人たちが儲かるように仕掛けられている。それは決して勝った国の話じゃない。

戦争を仕掛けた人たちが儲かる。

 

核兵器原発も仕掛けがある。

 

国益って何だ?国のためになる?

国民のためにならないのに国のためになる?

なんだそれ?