読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昭和の忘れもの。

1960年生まれの青ん坊語り。

Yさんの隣人。

スポンサードリンク

「青さん、1億貸してくれない?」唐突に聞いてきた。

職場のYさん。

「それは無理w で、何に使いたいの?」と返したら

「ちょっとゆっくり休みたいんだ」って。二人して苦笑ww

 

小さな会社のタバコ部屋。

f:id:aonbo:20170111114458j:plain

1億って数字が会話に出たもんで、今度は私から話しかける。

青「ロト7買ってるんだけどね。この前4つだけ数字が当たったのよ」

Y「1万くらいになったの?」

青「いやいや1700円ぽっち。でね、1~41までの数字を4つ当てて1700円。

ナンバーズなら0~9まで4つ当てればさ、順序ばらばらでも2万くらいには

なるっしょ。割りがいいのはナンバーズ。だけど何度当たっても億の金は入ってこない。」

Y「オレもロト6ずーっと同じ数字買ってた時期あったんだけど、今はやめた」

 

f:id:aonbo:20170111114637j:plain

青「ロト7って始まった当初1等出なくて、突然8億が2口出たんだって。それも女子大生が4人で買ったって話」

Y「あー。あの4人ってどうしてるんだろね。。」

青「いや、お金もらった時点で、連絡先変えて絶交しないと、事件になりそうだよね」

Y「女子大生4人で、1人4億ずつかぁ、、まぁ何かのキッカケでなくなっちゃうね。

最初に無くなったコが残りの3人の誰かのとこに行って、ぐちゃぐちゃになっちゃうかもねw」

青「ってかさ。もう3人は殺されてたりしてね・・・」

Y「おおお!ひとりで16億かぁ。。それはすごいな。ありえるね。。」

なんて話をした。

 

そしたらYさんから

Y「青さん、さっきの話だけどね。当たる人って何度も当たってるのよ。実は知り合いにロト6当たった人いてね。」

青「1等?!」

Y「そそ。1等。その人、ドヤ街のおっちゃんでさ。万馬券で200万くらい2回取って、宝くじで300万当たって。そのたびに職場仲間のうちらに、ご祝儀で1万とか2万とかくれてね。で、クニへ帰っちゃったのね。」

青「ほうほう。。」

Y「でね。ひょっこりまた顔出して『ドヤ街で、いつもの仲間と働いててね、そのお金でロトくじ買ったら当たった夢見た』って言ってさ。また働きだした。でホントにそのお金でロト6買ったら1等当たっちゃったってわけ。そん時は、夢に出てきた人全員に出演料って言って5万ずつくれたんだ」

青「ほえーーーー!!!すっげー!!!」

Y「でもね。その人、すっごくいい人なのよ。真っ正直って言うか。」

青「へー、どんな感じの?」

f:id:aonbo:20170111114849j:plain

Y「あのね。ドヤ街ってみんな金ないじゃない。日払いでさ。もらった金すぐ使っちゃうでしょ。で、雨とか続いて仕事無いと今日食べる飯代がないって時に70万入った財布拾ったのよ。それ警察にちゃんと届けたんだよね。飯食う金無いのに70万拾って、ちゃんと届ける人なのよ」

青「うーーーん。。じゃぁ、万馬券も宝くじもロトもお地蔵さんがくれたみたいな話じゃん?!」

Y「そう。なんかね、当たる人って違うんだなぁって思った。オレなんて7千円拾っても『おお!神様がめぐんでくれた!』って速攻使っちゃうと思う。ましてや、70万なんて拾ったら、めっちゃ喜んで飲みにいっちゃうと思う。ダメだよなぁ・・」

 

青「あぁ・・オレなんてトイレに財布忘れて、戻ったら中身だけ抜かれたことある、、」

Y「あぁ、具だけね」

青「そう、具だけw でも、、やっぱり当たる人ってちがうんだね。そんな話聞いたら、オレ一生ロト7なんて当たらない気がしてきた(苦笑)」

f:id:aonbo:20170111120220j:plain

Y「オレはロト6毎週同じ数字で買ってたんだけど、週に2回抽選になったでしょ?あれでやめた。もし、たまたま買わなかった時にその数字で当たってたら悔しくて眠れなくなるからさ」

青「そら悔しいやね。オレはたまたま買える時にだけ買う。それでダメならあきらめるって決めてる」

Y「で、当たったら1億貸してくれる?」

青「無理w」