昭和の忘れもの。

1960年生まれの青ん坊語り。

働き方改革の行方

今週のお題「告白します」

 

私、30代で年収1000くらいありました。

40代で600?

50代で400?

だんだん減っちゃったねぇ。。

 

今もっと低いわ。私みたいな60代ってけっこういるかと思うけど。

 

++++++++++++++++++++++++++++

 

今の20代30代40代の人と仕事やお金について話してて、、

なんかおかしいな?と思ったこと。

 

働き方改革」という言葉。

要するに休みは多くなりました。だけど給与は安いままです。

残業はしなくてよくなりました。だけど残業代が無くなって給与は安くなった。

 って事から見えてきたんだけどね。

 

私の世代(昭和から平成初期の社畜たち)は、確かに働きすぎていたけれど、その分の見返りはもらっていた。(それがよかったとは言えないまでも)

 

自分の20代30代は営業マン。

1日11時間くらい働いて、休みは年間40日程度だった。

けれど、稼げたんだよね。毎年年収上がったし。

 

おかげで車は新車。結婚して子供2人。

マイホームも30半ばで建てた。

(さすがにバブルは終わってましたよ)

 2人の子供と母と妻と私の5人で暮らしていました。

(後に離婚するんだけどね)

 

たしかに当時は休みが少なくて、家族で外食も、家族旅行も少なかったと思うけど。

それでも稼いでたから、なんとなく中流な気分?で暮らしていました。

 

ランチは1000~1200円。タバコと喫茶代で合計1500〜2000円/日

 

夜は仕事終わるのが10時頃でも、それから週3くらい飲みに行ってましたよ。

夜の飲み代で使う金額は、だいたい3000〜6000円くらい。

 

ワインバーとか、焼きとり屋さんとかで飲んで、それからカラオケ行って12時過ぎてタクシーで帰るときもけっこうありました。

だから夜は毎週3〜4万使ってました。

 

職場のまわり見てもね。だいたいそんな感じ。

カップルのデート代とかもけっこうみんな使ってたよなぁ。。

 

映画見て、カフェ行って、ちょっとしゃれたお店で食事?お酒?ここまでで1人1万くらい?(全部男がおごると、2万くらい?)

 

それからラブホなんて利用して、タクシーで帰ると4万くらい?

 

まぁ一部割り勘で、女性が出してくれたとしてもざっと3万はかかった。

これ毎週デートしてたら月に最低10万は飛ぶわな。。

 

さらに、温泉だの、リゾートだの、コンパだの、テーマパークだの、何かのパーティとかで、年に150くらいは使ってたんだよね。

 

さらにマイカーの維持費も含めると年に200万くらいは余暇で使ってたんじゃない?

 

で、、今の20代、30代はどんなデートしてるんだろ?

 

ちなみに私の場合は25で結婚したから、デート代を使った記憶より、家族の余暇に使ったけどね。実際、家族で海外旅行に行ったのも、この頃。

 

 当時はハワイでも、西海岸でも、3泊4日で、ひとりあたり、ざっと20万。安いツアーで15万。4人家族で行くと、子供料金の部分はあっても、まぁ80万くらいは使ってた。

 

今の20代、30代って海外行くのかな?

 

将来設計とか考えたら、そりゃ簡単にはできないわなぁ。。

 

結婚、子育て、マイホーム、新車、毎週末に仲間と飲み会、年に一度は家族で海外旅行。。

 これ贅沢??ふつう??

 

私が20代、30代の時は「ふつう」だった気がする。

 

それが平成の中頃から、おかしくなってきて。。

 

今のサラリーマンの年収平均が400。

非正規社員だと年収200。

 

でもって、夕方6時頃には仕事は終わる。

休みは年間120日近くある。

 

これは副業したくなるわな。足りないもんね。

 

会社は10年働いても給与さして増えないし。

増えないどころか退職勧告。。

 

※あ、コロナの話はちょっと待って。

 

冷静に中小零細企業のサラリーマンにとっての「働き方改革」について考えてみる。

 

確かに副業をすると収入はそれなりに増える。

外で仲間と飲む機会なんて盆暮れだけでいいっちゃいい。

実際に趣味の時間も減るから、余暇で使うお金は減る。

 (趣味もお金かからないものが人気だし)

 

でも、副業するって「働かされてないけど、働いてるじゃん」

 

今もブラック企業に勤めている人は別として、働き方改革だの36協定だので、社畜は減った。

副業(仕事)は自分で見つけて(休み削って)少しでも年収アップさせる。

遊びに行くのはガマン。。これ全部「自分の意志で」ね。

 

それでやっと子育てできるのかな?

いや、その手前の結婚資金が貯まるのかな?

少しだけ趣味にお金がまわるのかな?

 

でも、平日の夜に副業してると実質 年間休日は20日?もっと少ない?

結局1日10時間働いて週に1日休み?で。。年収500?700?

充実してる??強制されていないからストレス少ない??

 

えっ??働き方改革って、全然よくなってないじゃん?!

 

こんな感じじゃ、結婚に踏み切るキッカケあるのかいな?

子育て楽しむ余裕あるのかいな?

少子化対策ってどこ?なに?

 

マイホームは無理?

毎週ワインバーなんて無理?

新車は贅沢?

海外旅行も贅沢?

回らない寿司屋でデートって叶えたいって夢?理想?

独身貴族って単語は死語?

 

やっぱちょっとおかしい。。

 

実際、テレビから聴こえてくるのも「節約」「時短」「お得なポイント」ばかり。。

 

私の場合は、おかげさまで住宅ローンは払い終わったから、年収低くなっても生活はできてるけどさ。

 

もうチョット言えば、オレみたいなオヤジはそれなりに遊んできたから、納得もしてるけど。

 

今の20代30代40代は社会に出た時からずっと「節約+お得なポイント集め」ばかりなんじゃないのかな?

 

これが「働き方改革」なの?

 

で、もう少し考えるとね。

なんだか怖い部分が見えてくるんだわ。

 

さて、実家から通っている(もしくは社宅に住んでる)大手のサラリーマン、国家公務員たちはどうでしょう?

 

平成も令和も、変わらず30超えたくらいになると年収500~1000くらい稼いでて、休日は年間120日あって。残業も減った。

 

およそ500万人程度の【稼いでるエリートたち】は時間もあって、お金もある。

 

だったら毎週楽しくデートして、年に1度くらいは海外行って、車買って、結婚して、子供作ってマイホーム持って親孝行して、将来は退職金も出るし、厚生年金は満額もらえるし。。

 

全然悪くないわな。。

 

これじゃ、、素人考えでも「格差」が広がるのはわかる。

 

庶民が「生活苦しい」って言っても【稼いでるエリートたち】からしたら

「は?」

「自分が悪いんじゃね?」

「国も会社もよくしてくれてるよ!」になるわな。。

(まぁ彼らはそんな事を声に出して言わないけどさ)

 

消費税の10%だって、所得税の減額と天秤にかけて、慣らしたら軽い軽い。。

 

こんな簡単な図式がコロナでさらに浮彫りになっちゃった。

国の政策、税制、福祉制度、支援金・・・。

 

あぁ弱者切り捨ての日本。。

 

働き方改革って、ブラック企業から救済してくれる人のためじゃなくって、エリートのためのものだったと思うわ。

 

つくづく。。

 

でもさ。その年収と幸せは、これまた違うのよ。

それも心底、実感している。

 

その話はまた別の時にでも。

 

 

 

 

「楽しい」が希薄になってきたから

お題「#この1年の変化」

 

実はこのYoutubeチャンネルをスタートしたのが2019年の冬で、最初のコンテンツの公開が2020年の4月。

www.youtube.com

リンクの紹介にも書かれている通り、2020年の春から。

この1年間で随分と変化が起きてきた。

 

コンテンツは以下の通りシーズン1~4まで。

season1   ロックの歴史的な出来事を年を追って語る。

season2 「禁断のプログレ編」と称してマニアックながらも熱く語る

season3 ロック名盤シリーズは勝手にチョイスした名作について語る

season4 名ボーカリストについて語る

 

こんな形でコンテンツ制作にチャレンジした1年だった。

 

再生回数はまだ述べ5000回程度なのでほんとに小さなチャンネル。

 

けれど自分でコンテンツを作ってみて、学んだ事はたくさんあった。

 

youtubeのコンテンツは、見てもらってからの評価は「2の次、3の次」だけど、クオリティが下がったら、1も2も無い。

②テーマにのっとって定期的にアップしていくことがとても大事。

③対象のセグメントをして、中途で変更しない。

 

webマーケティングの基礎と言うか。。

 

それと告知。

世の中、番宣ばっかりなのがよくわかるわ。作ってみると。

費用少なく、たくさん宣伝したいものw

宣伝用の動画(1分)もシリーズ始める前に作ってSNSに流してみた。

 

この番宣というコンテンツ。やればちゃんと効果はある。

 

とは言え、ブログ読んでる人からしたら、100万回再生とか、登録10万人とか、そういう大そうな事でもないと特段興味ない話かもしれないけど。

 

***********************

 

この一年間でざっと30本以上の動画をアップした。

これ、ざっと計算してみて、作るのに200時間は超えてるかな?

 

1年弱で、趣味に200時間って、多いのか少ないのかは人それぞれな印象だろうけど。

バンドやる時間が減ったこともあって、けっこう充実している。

 

まぁ人によっては、「人気ユーチューバーみたいにお金稼いでるわけでもないのに、なんでやってるの?」ってな愚問をくれる人もいるかもしれない。

 

だけど、昨今「楽しい」が少なくなってきている気がしてならない中、これは楽しいので続けてる。それだけのこと。

 

今世の中の「楽しい」の多くは、どこぞの企業が資本にもの言わせて作ったヤツを消費しているだけのような気がするし。

 

自分で創るってことは何にも増して楽しい。

 

おそらく料理とか、ハンドメイドアクセとか、洋裁とか、陶芸とか、絵を描くとか、小説書くとか、、と同じように楽しい。

 

とりわけ、音楽関連の趣味はその楽しさに満ちているように思える。

 

オヤジ2人でしゃべっている様子が「なんだか楽しそう」と数人、数十人に思ってもらえたら、じゅうぶん。やってるこちらはホントに楽しい。

 

 趣味ってそれでいいじゃんね。

 

死んだオフクロが言ってた

「宝の価値は本人にしかわからない」って。

 

引き篭もる時間が長くなったこともあって、何か趣味見つけて楽しまないとね。

 

 

 

 

ステイホームの功績?残念な国会

お題「#この1年の変化

 

家で過ごす時間が増えた。

テレビを見る時間が増えた。

 

見る番組が決まってきてしまった。

で。国会中継を見る機会が増えた。

 

・ダイヤモンドプリンセス号

桜を見る会

・徐々に増えるPCRの検査結果

モリカケ問題、その証拠書類の隠ぺい工作

・オリンピックの延期発表

・緊急事態宣言と一斉休校

・河合夫妻選挙違反容疑で逮捕

・黒川検事長の賭けマージャン発覚

・給付金と支援金

・小池知事再選

・8月安倍首相辞任

・9月菅内閣発足

・10月菅総理による学術会議候補6人の任命拒否

・11月大阪都構想 住民投票は反対多数

・Go toトラベル事業が中止、Go toイート事業が早期終了

 

途中、国会は中断したけれど、正直ひどい話ばかり。

 

このコロナ禍によって今まで中継を見れなかった多くの人がテレビであのお粗末なやり取りを見たのではなかろうか。。

 

「募集はしてない。募っただけ」とか「現在調査中にてお答えを差し控える」とか、ひどい答弁の数々。。

昼間働いていて中継を見たことがなかった私。

夜のニュースのわずか1分ほどでしか国会のやり取りを知らなかった。

 

「ですから、先ほどから申し上げている通り・・」なんて切り取られた場面だけ見れば、あたかも【ちゃんとした説明をしているのに、しつこい野党】的な印象を受ける。

 

実際は【先ほどから・・】の前の答弁があまりに内容が無かった。

だから野党は何度も聞いていた。。なんてことまで事細かにわかった。

 

つまり

【ちゃんとやっている与党:主に首相】に【難癖つけている野党】みたいな印象だった。

それがまぁ、、

【のらりくらりと答えない与党】に【何とか、くらいついている野党】に変わった。

 

で。この一年の日本の政策を見てきた印象は

 

今の与党って、庶民に冷たいなぁ。。

 

俯瞰して見れば日本のために動いているのかもしれないけれど、やっぱり庶民に冷たいなぁ。。