昭和の忘れもの。

1960年生まれの青ん坊語り。

AUペイのpt還元が使えなかった事由。

AUペイで10億円までの「20%ポイント還元キャンペーン」をやってる。

(今週:2/10スタートの分はもう終わっちゃったけど、来週以降もある)

 

20%還元って、大きい買い物するにはもってこいな、、うれしい企画。

 

実は以前からほしいと思っていた「44000円ほどのアプリ」をこの機会に買おうかと(=itunesカードで買う)決意。

 

8800pt還元されるなら、悪くない!こいつぁチャンス!と思ったけど。

 

いろんなハードルがあって。

①のハードル:AUペイのかんたん決済だと、私の場合は30000円/月が上限。(ユーザー実績によって違うらしいけど自分の枠は3万)

 

で、44000円のアプリを買うには??

 

調べた結果:かんたん決済(電話料金といっしょの引き落とし)では無理だけど、現金でローソンなどに行って、そのお店でAUwalletに現金をチャージすればいいとのこと。

 

②4万円握りしめてローソンに行きましたよ。

itunesカードを44000円分AUペイで買いたいから4万チャージしてくれ(残りの4000円はすでにかんたん決済でチャージ済)」と言ったら、itunesカードはAUペイでは買えないとのこと。なにやら金券扱いなので現金でしか買えないとのこと。

 

え?それじゃ、ポイント還元の対象にならない、、とココでわかってチャージをいったん中止。

レジで教えてくれた店員さんにちょっと感謝。

 

③コンビニでitunesカードを買うのは現金以外無理。でも家電量販店ならitunesカードをAUwalletで買えるのか?と思って店員さんに訊く。

結果→クレジットカードなら買えると言われた。(つまりプリペイドカードはNG)

 

④でも、、今回のAUペイのキャンペーンは、AUwallet(クレジット機能付き)で買う場合は20%ポイント還元されないとのこと。あくまでもスマホのバーコードで「AUペイで!」決済しないとNG。それは家電量販店さんでも無理でした。

 

ここでAUペイのポイント還元について断念。

 

あー約44000円のアプリを買って8800pt戻ってくるならいいかと思ったのに。。

 

⑤ところが、今、某家電量販店では2/20までitunesカードのポイント買うと、itunesのキャンペーンサイトで「10%のpt増し」をやってた。

 

と言うことはitunesカードを40000円買えば44000円分になるじゃん!

あれ?でも、、これって割引で考えたら約9.1%引きなんだよね。

 

20%還元と9.09%のお得と考えたら、半分以下かぁ。。

 

でも、、それをクレジットカードで買うと後から2%還元されるって。

それでやっとこさ約11%の割引?それも2%分って、いつポイント還元されるやら、ようわからん。。

 

 うーん。。なんだかなぁ。。

 

まぁ、急いでないのでいっか、と買う気が失せたままw

 

 

この世界の(さらにいくつもの)片隅に

 週末にツマさんと映画を観に行こうと話していたものの。。

いろいろ探してみても、なかなか決まらず。

 

結局、「この世界の片隅に」の長尺版を観てきた。

前回の短尺版は2017年の1月に観た。

 

aonbo.hatenablog.com

 

今回は2019年の2月に公開されたもの。

主な違いは ”白木りん”と言う女性の(↓画像右)エピソードが加わったこと。

f:id:aonbo:20200210095614j:plain

白木りんの話が加わると主人公の夫婦のエピソードがより深まる。

 

すずちゃんのヤキモチのなんて可愛いことw

 

前作ではちょっとわからなかった周作とりんの二人の関係がより細かくわかる。

(とは言っても、原作を読んでいれば、わかっていることなんだけど)

 

結果、2時間50分ほどの長尺版となったがとてもよかった。

 

2つの編集を見比べるもなく、この映画のテーマは戦時中の市民(庶民)の生活であり、”すず”という女性と、彼女を取り巻く数人の女性の内面がとてもよく描かれている。

 

まぁ、思ったとおり、前作と同じ個所で、涙腺崩壊。。

いや、正直に書くと、冒頭のコトリンゴさんの歌が流れてきた時、すでにウルウルきてしまった。

 

♪~ 悲しくて 悲しくて とても やりきれない

    このやるせない モヤモヤを 誰かに 告げようか~♪

 

大切な人が爆死してしまっても、明日はやってくる。

 

その明日もまた国益のために?多くの国民が死傷していく。

 

こんなバカげた、まさに本末転倒なことを人は何度も繰り返している。

 

それでも市民は明日を信じて、今日を生きる。

 

♪~この限りないむなしさの 救いはないだろうか~♪

 

 

 

スタジオ「プリウス」1000回歌っても文句無し。

私はアマチュアバンドをずいぶんと長くボーカルやっているけれど、うちのツマさんは違う。ずっと見る側の人。

 

そんなツマさんに課題曲を与えて「これ、ライブで歌ってよ♪」と言ったら、本人は「とても無理。だって下手だもん。」と即答が返ってきた。

 

とある日曜の昼下がり。自分のバンドでやる曲を口づさんでいた。

 

横でツマさんが吹き出した。

ツマさん「なーに?その曲?なんだかひどい歌ね」

私「うーん、、まだ練習中だから。。」

ツマさん「練習不足だと、音痴なのね~」

からかい半分だけど本音だ。

私「(音痴?)うーん、いつも100回は歌わないと人前では歌えないよ。(この曲は)まだ10回くらい?これからこれから(笑)」

 

ごくごく当たり前のことだけれど、歌は(天才歌手をのぞいて)練習しなきゃうまくならない。

 

逆に言えば、歌は練習すればうまくなる!

(旦那(私のこと)が100回練習してから人前で歌うなら、私は300?500回くらい練習したら人前でちゃんと歌えるかも?)

うちのツマさんってば、妙に気合の入った決断をしたそうな。(本人後日談)

 

で、前に課題として挙げた曲。

これを車の移動の際にカーオーディオでずーっとループ再生したらしい。

 

日本語の歌ならまだしも、歌詞は英語。元々知ってた曲でもない。

ネットで調べた歌詞カードはあるけど、流れるメロディの中で、

どのタイミングで単語を切って、伸ばして、どこで息吸って、どこで張り上げるのか?

まったくわからないところからスタート。

 

ちょうどその頃、ツマさんは車で毎週行く仕事があったので往復3時間の道のりの間中、ずっとその曲をかけて聞いていたらしい。(これまた本人後日談)

 

3時間の往復に加えて、近場のお買い物に行く際も、ずっとこの曲。

頭の中で歌詞と「音」がなんとなく一致するまで、まずは聞きまくったとのこと。

 

おそらく2、300回は聞いただろう頃に歌詞カードを見たら、歌詞の運びがわかってきた。

歌詞の運びがわかってきたら、「聞こえてきたように歌う」ことにも慣れてきた。

 

いわゆる「歌詞まわし」が理解できたわけで、それから彼女は歌う練習に入った。

場所はマイカー「プリウス」の車内。

 

通称スタジオ「プリウス

 

ここで彼女は歌った。歌っただけでなく、自分の歌とカーオーディオの歌をいっしょにスマホで録音した。それを聞いて、、ガッカリした。

(なんだ、歌えるようになったと思って聞いてみたら、ひどい!)

ただ、そこでも例の会話を思い出したそうな。

(まだ歌覚えてから100回も歌ってない)

それからもスタジオプリウスで100回くらい歌っては(ちょっとは上手くなったかな?と思って)録音した。

それでもまたガッカリ。また気合を入れなおす。その繰り返しだったそうな。(本人…)

 

何百回歌ったのかわからなくなってた頃に、私にポロっと言った。

「ねぇ、カラオケボックスに行かない?」

ふたりでカラオケボックスに行って、初めて私のギターをバックに例の歌を歌った。

 

おどろいたのは私だ。

「あれー!もうマスターしちゃってるじゃん!!」

彼女は私に褒められても、得意な顔ひとつ見せないw

「うーん、もう一回歌わせて、、ちょっと録音するから」

カラオケボックスで数回録音したものを、帰りの車の中でまた聞いている。

 

「飽きる?」とたずねたら

「だんだんと、少しずつだけど、歌えていくのがわかってきたから、全然飽きない!」と彼女。

 

それから1~2か月経って飛び入り的に彼女は歌った。

いつもの音楽仲間から、ほんとにたくさんの拍手をもらった。

でも歌い終わった彼女は困ったような笑顔で「ヒザがふるえて止まらないよー。。」と言ってた。

 

カーオーディオの使い方としちゃ、マニアックだけど、誰にもじゃまされず、迷惑もかけずに車でずーっと同じ歌の練習している人もいるって話。

 

コレがかれこれ6年以上前の話。以来彼女のオハコになってる。

 

「胸いっぱいの愛を」


Whole Lotta Love [ Aco.cover ]

 

 でも、いきなり「500回は歌ってからじゃないと人前じゃ歌えない」なんて言われたら、ドン引きだわなw

 

 

カエライフ×はてなブログ 特別お題キャンペーン #ドライブと音楽