昭和の忘れもの。

1960年生まれの青ん坊語り。

日本vs北朝鮮。

このところずっと読んでいるブログがある。

 

 坂爪さんと言う32歳の青年のブログ。まっすぐで潔くて好き。

このブログ(11月のもの)では彼の出生というか、半生記に関して少し触れているのでまったく知らない方のためにこちらを紹介。興味ある人はいろいろ見てみてください。なかなかすてきな若者です。

ibaya.hatenablog.com

 

この人のブログの中で以前「若い頃、ロックはオレにやさしかった」と言う言葉を見つけた。

f:id:aonbo:20171124151922j:plain


社会の大小さまざまな矛盾や欺瞞に対して中指を立てている自分に対して、ロックは「坊や、それでいいじゃん」と肯定してくれたやさしさについて書かれていた。


これは自分が10代の頃に感じたもの、そのもので。

 

昔、誰かに言われた言葉で。

ヤクザになった人は「ヤクザの人にやさしくされた(肯定された)ことがキッカケなんだよ」なんてことを聞いたことがある。

 

先を考えずに生きていくといろんなところに分かれ道(落とし穴?)はあるものだ。

 

 ++++++++++

 

それと似ているけれど、サッカーも好きだ。

 

サッカーは10回シュート外しても1回決めればほめられる。「1点取ったね!」
極端な話、2点取らなきゃ負けてしまっても、その1点はほめられる。そこがいい。 

この得点をほめるか?失策を責めるか?でタイプはわかれるみたい。

 

テストで「あと2点で百点だったのに、どうしてこういうミスをするの?」と責めるのか、、「うわー98点も取ったの?すごいじゃない!よくがんばったねー!」とほめるのか、、みたいな。2点のミスは本人がいちばんくやしいんだからさ。

 

 

ちょっと前のブログでオザケンがそんなことを言ってたと書いた。

 「日本人はミスをこわがるから英語が話せない」みたいなね。よくわかる。

文法とかにしばられてしまうと、すぐに言葉が出てこないw

aonbo.hatenablog.com

 

将来官僚になるなら、いちいちミスを咎められても仕方ないけど。

全校生徒1000人いる小学校で官僚になる子は一桁いるかいないかでしょうw 999人のためにほめることを大事にしてほしいなぁと思います。あ、これ学校だけじゃなくてね。

 

特に小中学校では、目の前の小さなミスよりも、状況全体を俯瞰して把握する力とか、自分のイメージを膨らませる想像力とか養われてくれたらいいのにと思います。社会に出たら、ミスがどれだけおそろしいのか?じゅうぶんわかりますからね。。ミスをしないシステム作りをしていくのが会社の役目でね。

 

で。

 

サッカーは「失敗したらどうしよう」なんて考えてたらそれこそ何もできない。
ダメ元でがんばる!その姿がいい。

 

書いていて、30年前の1場面思い出した。

 

98年のワールド杯で屈強なアルゼンチンのディフェンス2人に囲まれてもススッとドリブルで抜け出た中西栄輔(元ジェフ市原)のアノ場面はいまも記憶に残っている。

f:id:aonbo:20171124153648j:plain

たぶん栄輔は(この位置なら、あのフェイントで2人とも抜ける!)って瞬時に思って体が動いたんだと思う。


それで、もしダメでも誰も責めない。

 

そういうところがゴール以外のプレーでもたくさんある。

・まさかそんなところにパスを出す?ヒデ何考えてる?とか。。 

f:id:aonbo:20171124153705j:plain

 

 ・なんでそこにいるのピクシー?とか。。

f:id:aonbo:20171124153732j:plain

 

あははw昔の話ばっかすると、キリ無いけどさ。

 

とりあえず日本代表はまたW杯に出られることが決まった。おめでとう。


地上波のテレビ放送枠が増えるのは1サッカーファンとしてうれしい。

 

f:id:aonbo:20171124153842j:plain

 

ただ、毎度のことながら一押しのチームと言うのは無い。地元チームを応援するとかわからなくもないけど、元々、地元意識の少ない私にはちょっと理解に苦しむ。

 

おおげさに言うと地球にいるチームの地区別の試合ってことでどのチームも同じ星のチームだから、全部、応援するでいいんじゃない?とかね。ラグビーの「ノーサイド」の精神とかみんなが持っていてほしいなぁ。

 

それでも試合を見れば、面白い戦術、びっくりするようなプレーで、このチームは面白いからまた観たいと思うことはたくさんある。

 

それで監督を好きになったり、選手が好きになったりって話でね。

 

f:id:aonbo:20171124154215j:plain

ホームとアウェーの客席の境で起きるフーリガンの暴力行為。。この感覚まったくわからん。

 

f:id:aonbo:20171124154720j:plain

どうなん??坊や。

 

f:id:aonbo:20171124154426j:plain

 

Jリーグでもゴール裏で応援している人たちを見ると「あぁ、こういう人たちが戦争をおこすんだろうなぁ・・」とブルーになる。  まぁ、応援って楽しいんだろうけど。。

 

日本vs北朝鮮戦で国どうしの緊張とか、あってほしくない。

 

f:id:aonbo:20171124155847j:plain

 

逆に、こういうところで発散しているから戦争なんて起こさないって話ならいいんだけどねぇ。。

 

北朝鮮代表も日本代表も最後まで選手たちは走ればいい。それでいいと思う。

 

とか思ってたら日本がロスタイムで1点入れて勝ったわ(^。^)

 

でも笛が鳴ったらノーサイド

 

 

 

児童ポルノもIotハッカーも・・。

商売はいつも需要が先。

 

どのくらいの人が欲しがっているのか?
いくらなら買うのか?


商品が売れるかどうか?は、まず先に需要があるか?無いか?

 

「あー肉が食いたい」と思う人がいれば街に肉バルが登場するし

f:id:aonbo:20171206114410j:plain

 

「あー空から写真が撮りたい」と思う人がいればドローンが登場する。

f:id:aonbo:20171206114431j:plain

それが商売。儲かるとわかれば商品を提供する人が登場する。

 

以前に某SNS

 

漫画家の児童ポルノのニュースに対して

児童ポルノ」の写真を持ってるだけでなぜ重い罪に問われるのか?

 

と言う知人の問いに

 

それが儲かるとわかれば児童ポルノの商品を提供するヤツが登場してくるから、そういう犯罪(被害者)が増える

とレスが書かれていた。まったくもってその通りだ。深く納得した。

児童ポルノ(写真や動画など)をネットなどで提供する犯人(組織?)の元には日本であってもFBIがやってくるという話も聞いたことがある。

 

当たり前の話だけれど、逆に言えば、需要が無い商品は売れない。
売れないなら供給する側も商品を作らない。

f:id:aonbo:20171206122347j:plain

 


先日NHKでやっていた番組。

www6.nhk.or.jp

 

f:id:aonbo:20171206122618j:plain

 番組の冒頭では一般の家庭のウェブカメラがハッキングされて、のぞかれている話。

(※そういう悪質な覗きサイトが運営されてる話もあった)

 

そしてIotのネット環境を(家電などをインターネットで遠隔操作できるもの)乗っ取って、そこからサイバー攻撃をしかける話。f:id:aonbo:20171206124217j:plain

 

ネット家電と呼ばれるものはインターネットでつながっている=乗っ取ることができる(PCよりもセキュリティが甘い)

 

まさか、自分の家のドアホンだの、洗濯機が大手サイトを攻撃してるなんて誰もわからない話だ。

f:id:aonbo:20171206122559j:plain

 

ネット家電などのIot機器を乗っ取るためのMIRAIというウィルスの話も紹介されてた。

 

そして、どこかのサイトにサイバー攻撃(一斉アクセス等)をしかけてそのサイトのネットの機能停止(サーバーダウン)させることもあるという。

 

実際にカブドットコムというサイトが被害にあった話が出ていた。

 

で。それを商売にしている輩もいる。

 

「1日に○○件のサイバー攻撃をする:○○ドルで請け負います」という仕事がネットで取引されていた。ネットテロ請負人とでも言おうか。。

 

ハッカーの気持ち(目的)は正直わからないが、世の中にはそういう需要があるということ。そして、それをお金にしている連中がいるということ。

 

例えは悪いけれど、殺し屋にそれ相応の報酬を出せば、人を殺してくれる。
殺し屋にとってみれば「なぜ殺したいか?」は関係ない。

f:id:aonbo:20171206123447j:plain

そこに需要(見合ったお金を払う人が)があれば、仕事を請け負う供給者は登場する。

 

さらに。。

 

さすがに、爆弾テロと違ってハッキングで殺人はないと思っていたら。。


コンピュータ制御している最近の医療機器もネットにつながっているから、ハッキングすれば遠隔操作できてしまうとのこと。


もし病院で制御されている医療機器をハッカーが誤動作させてしまったら、そのまま無差別殺人に発展してしまうことになりかねない。入院患者何十人を殺すことも可能な話。

 

それと自動運転の自動車。これも遠隔操作できてしまう。。

f:id:aonbo:20171206123711j:plain

 

 

話は戻るが、家の中にウェブカメラの付いたPCが乗っ取られると、そこへ覗き魔がくる。そんな変態野郎のニーズに応えている業者がいる。反吐が出そうな話だ。

 

 

うーん、、話は飛躍するけど、戦争だって、それで儲かる需要があるんだった。

 

こわい。。

 

とりあえずPCの電源はコンセントから外しとこ。。

 

 

行き先はいつも平和であってほしい

f:id:aonbo:20171124112631j:plain

最近のパラリンピックの映像を見ると「義体化」と言う言葉が自分の頭に浮かんできます。

 

テレビでも2020年の東京開催について、少しずつ露出が増えている。


義足だけ見ても、とても進歩していて、選手の躍動する姿はすばらしい。

f:id:aonbo:20171124113906j:plain

中にはオリンピック選手に負けないほどのパラリンピックの選手が存在する話までテレビで見ました。

 

実際はわかりませんが、その様を見ていると自分の意思がほぼ100%と伝わっているかのように見えます。


義手や義足を実際に使っている方のお話をマスメディアなどのフィルターを通さずに聞いたことはないのですが。。

 

f:id:aonbo:20171124113936j:plain

 


攻殻機動隊のエピソードの中に「じゃぁその義手で鶴を折れるか?」という場面があります。つまり、精巧さというか、動きの繊細さ。

 

f:id:aonbo:20171124114107j:plain

 

先日観たブレードランナー2049では3Kの仕事(きつい、汚い、危険)はレプリカントにやらせるという描き方をされていた。

 

人のやりたくない仕事はロボットにさせる。レプリカントにさせる。そんな社会。すでにその方向に産業は向かっています。

 

f:id:aonbo:20171124115154j:plain

 

そのレプリカントがAIではなく「人の心」を持った時にどうなるか?というのがブレードランナーの話の根幹にあるわけで。

 

人形が「人」になる寓話はいろいろあって、このブレードランナーピノキオ的な要素があります。f:id:aonbo:20171124114841p:plain

 ↑この女性もブレランの世界では人間ではない。。

 

話は戻りますが、現代医療の義手、義足、義指・・・とても精巧になった先がちょっと怖いです。

 

これらの開発には医療研究の名のもとに多額の投資があったはずです。調べてはいませんが。。どこがお金を出してるんでしょう??

 

危険な作業はどんどんと産業ロボットがこなしている。

AIがどんどん進化して自身で思考、経験に応じた工夫までできるようになる。

 

ドローンの開発とかも、どこかきな臭いんですね。

f:id:aonbo:20171125112214j:plain

こういうの、サイボーグ009に出てきた記憶が。。偵察ロボット。

 

 

f:id:aonbo:20171124115417j:plain

 

うーん、、どこまでが道具?

 

人の役に立つということって何??

 

 
3Kを担う産業ロボット、レプリカント義体化された人たち・・・どんどんと進化して境目が希薄になっていく。

 

その行きつく先が兵士(兵器)でないことをただただ祈るばかりです。

 

ルフレッドノーベルが平和を願ったように。